自律神経の不調は、○○をもめばOK!

今回は、自律神経の不調を○○をもんで整えようというテーマでお送りします。

 

自律神経は自分の意志ではコントロールできない場所。

交感神経が活発になると、活動的になります。

副交感神経が活発になると、リラックス状態になります。

このバランスが取れていればいいのですが、ストレスを感じていると、バランスがおかしくなってきます。

 

交感神経ばかりが優位になり、調子が悪くなってくるのです。

 

私は自律神経の乱れから、睡眠の不調におちいり、うつ状態になり、最終的には統合失調症にかかり、会社を退職することになってしまいました。

 

なので、まずこの初期状態の自律神経の乱れを治しておくことが大切です。

 

自律神経の整え方。

 

それは爪の両サイドをもむということ。

 

爪の生え際には神経が密集していて、爪の両サイドをもむと、自律神経の末端に伝わるそうです。

それによって、自律神経失調による体の不快感が解消されます。

 

どの指が、どのような症状に対応しているのか。

OTONA SALONの記事を参照しました。

 

METHOD

1・爪の両サイドを2本の指ではさむ

2・やや強めにもむ

■1日2回、1カ所10~20秒を目安に

 

気になる症状はこの指で!

親指……肺・気管支

せき、ぜんそく、アトピー、円形脱毛症の予防・改善に。

人さし指……胃腸

便秘、食欲不振、胃痛などの予防・改善に。

中指……耳

中耳炎、耳鳴りの予防・改善に。

薬指……交感神経に対応するので刺激は避ける

薬指は交感神経に対応しているので、刺激を避けるほうが無難です!

小指……心臓・腎臓

不眠、肩こり、生理痛、疲れ目、高血圧、低血圧の予防・改善に。

 

 

これなら、スキマ時間に簡単にできますね。

私は、薬指を避けてもんでみたところ、左手の全部の指が痛かったです。

これはやばい(笑)

 

冬場は血の巡りが悪くなりますから、血流も良くなって一石二鳥ですね。

 

気づいたときに、実践していきたいと思います。

 

みなさんも、自律神経の乱れ。
事前に防止しましょう。

 

<PR>
高品質プロポリス+α配合サプリ【プロポザイム】



 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

胃腸を強くするための3つの鉄則
4割は体質や体調が原因 「口臭」は健康のバロメーター
じつはダイエット効果が高い!? 欧米人もマネをする日本の生活習慣4つ!
幸せホルモン「セロトニン」を増やして増やして幸せ体質になろう!
あなたが食べた物は、脳に影響を与えています
酵素力が低下を防いで、体調をよくしよう!
noimage
食物繊維で、脳卒中、成人病予防を
ストレスの原因、実は自分で作っているかも。溜めない方法は簡単です
日常生活に○○を取り入れて、幸せ度を上げよう!
「水分をたくさんとって血液をサラサラに」はウソ!? 水も摂りすぎれば「毒」になります!
脳は何もしなくても疲れている。マインドフルネスのやり方。
朝の時間にちょっとした喜びをプラス!生産的な1日を送りましょう!
あぁ、疲れたなあ。その時心と体に起こることをポジティブに変える方法
疲れを取るためには、1日中ゴロゴロはNG。効果的疲労回復方法とは?

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP