風邪ではないかもしれない。マイコプラズマ肺炎について。

今回のテーマは、マイコプラズマ肺炎についてです。

最近一段と寒くなってきました。

風邪をひいている方も、非常に多いと思います。

 

でも、自分では風邪だと思っていても、危険な場合があります。

それがマイコプラズマ肺炎にかかった時。

 

マイコプラズマ肺炎について、紹介します。

TBSラジをの記事を参照しました。

 

風邪?ではない!その1「マイコプラズマ肺炎」

秋の時期から、冬まで続く感染症で、今年は流行する兆しがあります。マイコプラズマという名前、聞いたことがあるとは思いますが、いったい何ものなのか、意外と知らない人もいると思います。そもそもマイコプラズマとは、細菌の1種です。肺炎には、肺炎球菌のような細菌が原因で起こる「細菌性」のものがありますが、その一種と考えるよいでしょう。

その症状は?

マイコプラズマ肺炎の初期症状は、「咳」と「発熱」です。ただ、かかると、結構やっかいなことが多いんです。まず「咳」はたんを伴わず、夜眠れない程の激しい咳が出て、発熱が終わった後も長引く・・・その場合、肺や気管支に大きなダメージを受けます。肺炎を起こす人はその1割以下なのですが、ひどい場合は、合併症の恐れも出てきます。脳などを包む膜に炎症が生じる「髄膜炎」や、耳の炎症「中耳炎」や「鼓膜炎」などです。

風邪やインフルエンザと何が違うのか?

インフルエンザは「突然」高熱や関節痛などが出ます。それに対して、マイコプラズマ肺炎は、2~3日かけてだんだん症状が出てきます。また、2~3日かけて、悪化するという点では、風邪と似ています。ただ、かぜは一般的に2~3日で治り、長引いても徐々に軽くなりますが、マイコプラズマ肺炎は、その後も、症状が長引きます。まとめますと、インフルエンザほど、突然悪化はしていない、けれど、4~5日たっても症状が治まらない場合は、マイコプラズマ肺炎を疑ってください。

治療や予防は?

マイコプラズマが増殖しないようにする、抗菌薬が使われます。抗菌薬は、種類によって違いますが、大体、3日から一週間程度飲んで治します。ただ、マイコプラズマに感染すると、1ヶ月くらいは他の人にうつす可能性があります。特に咳の症状が出ている間は、感染が起こりやすいので、症状が治まっても勝手に薬を飲むのをやめず、必ず医師の指示に従ってください。ワクチンはありませんので、予防として出来るのは、手洗い・うがいです。かかった後はしっかり薬で治療すると共に、十分な睡眠と栄養を摂って安静が基本です。

https://www.tbsradio.jp/87394

 

この時期に気を付けなければいけない病気は風邪、インフルエンザが最も大きなものでしょう。

 

インフルエンザに対する対策は皆さんもとっていると思います。

 

そんな中風邪を引いたかなと思っていたら、マイコプラズマ肺炎だったというのが一番危険ですね。

 

・マイコプラズマ肺炎は2、3日かけて症状が悪化するという点で風邪とよく似ている。

・初期症状も、咳と発熱ですので風邪とよく似ています。

 

マイコプラズマに感染すると、1ヶ月くらいは他人にうつす可能性があるので、その点も非常に怖いですね。

 

風邪と似た症状なのに、4、5日たっても病状が回復しない場合は、マイコプラズマに感染している疑いがあるということですね。

 

その場合は自身の肺炎予防のためにも、周りに被害を拡大させないようにするためにも、病院へ行った方がいいでしょう。

 

 

 

風邪でさえウイルスや細菌の種類が沢山あり、原因が分からないものもたくさんあります。

 

マイコプラズマ肺炎に関しては原因が分かっているので、早期に病院に行って治療をしましょう。

 

<PR>

病気にならないためにも、普段からプロポリスの力を使って、肉体を強化しておくことが大切なのかもしれません。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不摂生でも、健康増進する方法。
高血圧には「焼き梅干し」が効く!ついでに便秘も解消!
痛風になる前に対処を!尿酸値を下げる3つのポイント
小学生の30%、高校生の65%が近視に! 子どもを近視にさせないためには?
スマホ、飲み会、喫煙は逆効果のストレス解消法です
「大人のADHD」増加中 成人3~4%、気づかず成長 ストレスで顕在化
“沈黙の臓器”腎臓が発するSOSは重要です
毎日実践 尿の臭いから健康状態を知ろう!
「いびき」を軽視する人はこんなにも危ない!
予防学の権威が徹底指導「乳がん防ぐ8つの食事ルール」
冷えやむくみを解消してみよう
歯周病を改善しよう。正しい歯の磨き方4つのポイント。
ホクロや吹き出物が表す、体調不良のサイン
売上高上位100薬品中16種で新たな副作用報告
水の飲み過ぎは危ない!「水中毒」を防ぐ、体に負担がない水分の取り方

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP