小学生の30%、高校生の65%が近視に! 子どもを近視にさせないためには?

最近の小学生の30%、高校生の65%が近視であると言われています。

 

近視になると、メガネを買ったり、コンタクトレンズを買ったりと、お金がかかります。

できれば、幼いころから、近視にならないように対策が取れたら最高です。

では子どもを近視にさせないためには一体どうすればよいのでしょうか。

 

文部科学省の調査では、裸眼視力が0.3未満の小学生は、1979年に比べて3倍以上も増えている。しかも、裸眼視力0.3未満の人の割合は年齢が上がるにつれて高くなり、高校生の近視率(裸眼視力1.0未満)は65%にものぼる。

そんな中、唯一確実だとされている対策は「外で遊ぶと近視になりにくい」というもの。できるだけ長時間外で遊ぶことが大切だとされているが、「毎日1時間以上」「毎日2時間以上」「週14時間以上」など、近視抑制効果があるとされる「外で遊ぶ時間」については研究者によってかなりのバラツキがある。というのも、どうして外で遊ぶことで近視を防ぐことができるのか、そのメカニズムが明らかになっていないため、目安となる時間を算出することができないからだ。

https://ddnavi.com/news/357088/a/

 

 

外で遊ぶことが、近視予防になる。

考えてみれば、当たり前のことですね。

 

私も、受験勉強をして、外で遊ぶことが減った中学2年生くらいから、極端に近視が進みました。

 

お子さんのいらっしゃる家庭は、外で遊ぶことの大切さを改めて見直してみるといいですね。

 

 

大人も、室内での作業が多く、遠くを見る機会が少ない方もいると思います。

たまには大自然の中に出かけてみたり、散歩してみたり。

スポーツをしてみたり、買い物に出かけてみたり。

 

とにかく、外に出て、遠くを見る。

 

私も改めて、これ以上近視が進行しないように、気をつけようと思いました。

 

<PR>

目が悪い、近視に悩んでいませんか?

 

メガネをかけるのは面倒くさい。
コンタクトも面倒くさい。

 

通院、手術なしで、視力を取り戻すこと方法があります。

 

この方法は誰にでも効くので、家族で行ってもよし!

 

みんなで視力を取り戻して、美しい世界を取り戻しましょう。

器具や薬を使わずに、視力を回復する方法

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スマホ、飲み会、喫煙は逆効果のストレス解消法です
めまい、ふらつき、現代人特有の不調は“赤ちゃん回帰”で改善!
「ステージ4のがん」からの“生還者”たちが続けた8つのこと
歯周病を改善しよう。正しい歯の磨き方4つのポイント。
不摂生でも、健康増進する方法。
うつ病治療に効果アリのスマホアプリ
冷えやむくみを解消してみよう
水の飲み過ぎは危ない!「水中毒」を防ぐ、体に負担がない水分の取り方
痛風になる前に対処を!尿酸値を下げる3つのポイント
風邪ではないかもしれない。マイコプラズマ肺炎について。
毎日実践 尿の臭いから健康状態を知ろう!
「いびき」を軽視する人はこんなにも危ない!
高血圧には「焼き梅干し」が効く!ついでに便秘も解消!
「うつ病」は薬を売るための病名!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
ホクロや吹き出物が表す、体調不良のサイン

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP