自律神経の不調を腸手もみエクササイズで改善!

自律神経が乱れると体に不調が現れてきます。

体を興奮・緊張させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」のバランスが崩れると、不調、疲労につながってきます。

年齢が上がってくると、副交感神経の働きが悪くなってくると言われています。

 

そこで、自律神経を整える方法、腸のエクササイズをやってみましょう。

NIKKI STYLEの記事を参照しました。

 

ポイントは便がたまりやすい腸の四隅をもみ、腰を大きく回転させること。腸のぜん動を呼び起こし、排便を促す。

セルエクササイズSTEP1~2

これなら簡単にできますね。

腰を回す運動にもなるし、腸の働きも活発になるし、一石二鳥ですね。

 

腰の側面あたりには、腸の他に、腎臓もありますから、このあたりをつまんでマッサージすることは非常に効果があると思います。

 

お風呂に入った時に軽くマッサージしてもいいかもしれません。

これで、過敏性腸炎の予防にもなるそうです。

 

あらためて、マッサージの効果を感じました。

皆さんも是非試してみてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP