ホクロや吹き出物が表す、体調不良のサイン

今回のテーマは、ホクロと吹き出物の体との関係についてです。

FYTTE WEBの記事を参照しました。

https://fytte.jp/feature/series/1708/inner_beauty12.php

 

ホクロができやすい人はいると思います。
吹き出物が気になっている人もいると思います。

 

実は、ホクロや吹き出物は体調不良を表しているサインかもしれません。

 

実はホクロは炭水化物やたんぱく質、脂肪などのとりすぎが原因で、体から排泄しようとしてできたものです。
生まれたての赤ちゃんにはほとんどホクロはありませんので、生まれた後のお食事のバランスでできる場合が多いのです。

「最近なんだかホクロが増えたな」と感じている人は体からの「とりすぎていますよ」というサインなので、お食事のバランスを見直すきっかけにしていただけたらと思います。そして私自身も経験しましたが、お食事次第でホクロが薄くなったり、濃くなったりというのを経験しましたので、多くとり過ぎている食べ物を減らすなど日々のお食事の大切さを実感しました。

そして吹き出物は油脂の多い食事、白砂糖、小麦製品、大豆製品などのとりすぎによってもできます。特に甘いものが多いと赤い吹き出物ができやすく、油脂や大豆製品が多いと白い吹き出物ができやすくなります。
吹き出物ができたら原因となる食べ物の量を控えて、油脂を流してくれる食材である大根おろしやネギ、キノコ類などを意識してとると改善も早くなります。

そして吹き出物やホクロなどができる場所で、対応する臓器が弱っていることもあらわします。

額 腸の不調をあらわし、便秘などの人ができやすいです。
頬 肺の不調をあらわし、パンやパスタなどの小麦を多くとるとできやすいです。
口の周り 生殖器の不調をあらわし、乳製品などが多いとできやすいです。

 

まあ、ホクロや吹き出物を気にしすぎるのもよくないと思いますが。

 

食事のバランスが崩れて、タンパク質、炭水化物、脂肪をとりすぎるとホクロができる。
油脂、白砂糖、小麦、大豆をとりすぎると、吹き出物ができやすいというのは面白いですね。

要するに、食事もバランスで、とりすぎるとよくない。

 

私は、額や口の周りに吹き出物ができやすい体質です。

 

とくに疲れている時などに多くできます。

 

おそらく、胃腸や生殖器が弱っていて、食事のバランスも悪くなっているのでしょう。

 

みなさんも、体調管理の指針として、ホクロ、吹き出物を活用するのも面白いですね。

まあ、信じるか信じないかは個人の問題ですが。

 

PS

関係ないですけど、

ホクロや吹き出物があっても、異性にモテたら幸せですね。

モテないとお悩みの女性は必見。

今からモテモテになる方法。

異性にモテる秘訣とは!!?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「いびき」を軽視する人はこんなにも危ない!
うつ病治療に効果アリのスマホアプリ
「ステージ4のがん」からの“生還者”たちが続けた8つのこと
水の飲み過ぎは危ない!「水中毒」を防ぐ、体に負担がない水分の取り方
予防学の権威が徹底指導「乳がん防ぐ8つの食事ルール」
風邪ではないかもしれない。マイコプラズマ肺炎について。
冷えやむくみを解消してみよう
痛風になる前に対処を!尿酸値を下げる3つのポイント
歯周病を改善しよう。正しい歯の磨き方4つのポイント。
毎日実践 尿の臭いから健康状態を知ろう!
小学生の30%、高校生の65%が近視に! 子どもを近視にさせないためには?
スマホ、飲み会、喫煙は逆効果のストレス解消法です
めまい、ふらつき、現代人特有の不調は“赤ちゃん回帰”で改善!
「うつ病」は薬を売るための病名!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
急増中の大人の「食物アレルギー」を甘く見てはいけません

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP