デンタルフロスは大切 おすすめの4種類

今回のテーマは、デンタルフロスの重要性について。

360.lifeの記事を参照しました。

http://the360.life/U1301.doit?id=1031

 

今回のテストは、現役歯科医師と歯科衛生士の協力の下に実施いたしました。

「かかりつけ医に相談し、自分に合うタイプ・サイズがその人のベストバイ」というプロの見解を前提に、一般的な目線で「掃除のしやすさ」「歯や歯ぐきへ触れたときの印象」から12製品を評価。 ランキング形式にてご紹介します。

1位は膨らむフロスがしっかり入る
サンスターのガム・デンタルフロス

サンスター
ガム・デンタルフロス
ワックス ふくらむタイプ
実勢価格:414円

 

同率1位はプロも御用達!
リーチデンタルフロス ワックス

ジョンソン・エンド・ジョンソン
リーチデンタルフロス ワックス
実勢価格:524円

 

糸ようじではぶっちぎりのNo.1
ライオン歯科材のウルトラフロス

ライオン歯科材
DENT.EX
ウルトラフロス
実勢価格:394円

 

ライオン クリニカアドバンテージ
デンタルフロスが4位!

ライオン
クリニカアドバンテージ
デンタルフロスY字タイプ
実勢価格:276円

 

 

記事からは、使いやすくて効果の高いデンタルフロスを4つ紹介しました。

まあ糸ようじみたいな形状のものが最初は使いやすいと思います。

私もどこのメーカーか忘れましたが、デンタルフロスを定期的にやっています。

最初は、全くの糸なので、葉の間に通すのが怖くてしょうがないんですよね(笑)

 

でも慣れたら、その効果に納得がいきます。

 

やっぱり日頃の歯磨きだけでは取れない、葉の間の歯垢が面白いようにとれますから。

 

歯医者さんも、できるだけデンタルフロスはやったほうがいいと言っていました。

 

生涯現役で歯を使い続けるためにも、歯のメンテナンス。
気をつけてみてください。

 

p.s

歯を磨くこと、デンタルフロスも大切です。

そして、外見上、葉が白いということは、相手から見ても好感が持てますし、

人間関係を有利に運ぶ要素になります。

 

歯が白いと、ちゃんとしている人のように見えます。

芸能人が気をつかうのも当然ですね。

 

歯が黄色い、白い歯が手に入れたい

普段の歯磨きでは、歯は白くなりません。

そのためには、専門的なホワイトニング剤を使いましょう。

体に優しく、薬局では売ってない、秘密のホワイトニング方法を教えます。

歯が黄色いとお悩みの方、白くしたい方へ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP