背筋を伸ばして幸福感も生産性もアップさせよう!

今回のテーマは、背筋を伸ばして、健康増進です。

ライフハッカーの記事を参照しました。

https://www.lifehacker.jp/amp/2017/08/170805_straighten-your-back-to-be-happy.html

 

姿勢を良くすることが、気分を良くして幸福感と生産性を高める最もシンプルな方法であることは、何度も科学的に確認されています

背筋がピンと伸びた姿勢の人の方が、生体力学的観点から見ると、筋力が強くなるだけでなく、ポジティブな記憶や考えを記憶する能力も高くなることも明らかになっています。

背筋を伸ばして座るだけで、ストレス耐性を促すことになると研究チームは結論づけています。

パワフルなポーズを取ると「安全だから安心して行動しても大丈夫」というシグナルが脳に伝達されるので、結果的に脳の機能も高まると説明しています。そして、脳にそのメッセージが届くと、ホルモンも変化するとのこと。

まず、男性ホルモンの代表格であるテストステロンが増加して、集中力、注意力、体力が高まります。また、ストレスホルモンのコルチゾールが低下しますが、コルチゾールは「闘争・逃避反応」と関連しているので、このホルモン量が多い状態が続くと、さまざまな健康問題が発生するのです。つまり、病気に対する抵抗力とリーダーシップの能力が変化することになります。しかも、研究チームによれば、このような変化はパワフルな姿勢を取ると、たった2分で発生します

 

私は姿勢が小さい頃からずっと悪くて、筋力も弱かったために、幸福感と生産性を高めることが、ずっとできずにいました。

どうにかして、姿勢を良くする方法はないものかと、色々調べました。その結果、だいたい3つの方法に行き当たりました。

 

まずひとつ目が、筋トレ、ランニングをして、背筋から、胸の筋肉から、腕の筋肉まで、とにかく筋力を鍛えるというものです。
これは、非常に効果があります。
特に、軽いランニングを行っただけでも、筋力はつきますので、
ぜひトライしてみてください。

 

二つ目は、歩く時に、姿勢を良くした状態をキープして歩くというものです。
胸を張って歩いてもいいのですが、間違った状態で胸を張って歩いていると、腰を痛めます。
正しい歩行姿勢は、両腕をまっすぐ上に上げた後、すっと拳を両耳辺りまで下げます。
その状態で歩くと、姿勢が良い状態のまま歩けます。

 

3つ目は、ストレッチを行ってみるというものです。
椅子に座って、あぐらをかいた状態で、まず、左の足を両手で抱えて、胸のあたりまで持ってきます。
これを右足でもやります。
股関節がいい具合にほぐされて、姿勢の矯正になります。

 

姿勢がいいと、幸福感も上がり、生産性も上がる。
さらには、ストレス耐性も上がっていくということです。

 

姿勢を良くするということは、パワフルなポーズを取るということ。
その結果、安心して行動しても大丈夫だというシグナルが脳に送られて、ホルモンが増加する。

 

男性ホルモンの一つである、テストステロンが増加して、集中力、注意力、体力が高まって、生産性が高まるということなのですね。

 

姿勢を良くして、パワフルなポーズを取る習慣をつけてみたいと思いました。

幸福感、生産性、そして、病気に対する抵抗力とリーダーシップの能力も上がる。

ただ単純に、外見が美しくなるという効果以上のものが得られそうです。

 

P.S

どうしても運動するのが面倒くさいという方は、こちらを御覧ください。

超カンタン・たった「5日で実感するダイエット」

ダイエット方法、世の中にはたくさんあります。

この方法はサプリも運動も必要なし、なので安全、カンタンに スリムを実感できるダイエット方法です。

しかも実践すればするほど、ダイエット効果が上がり、
生活習慣病の予防にもなるというダブルの効果があります。

薬品や器具を使わず、5日間の簡単、安心な方法で健康的な、スリムな体型に!

無理をして、ジム通いやランニングをする必要はありません。

超カンタン・たった「5日で実感するダイエット」

http://www.infocart.jp/e/66780/184397/

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP