痛風になる前に対処を!尿酸値を下げる3つのポイント

今回のテーマは、尿酸値の下げ方についてです。

マカロニの記事を参照しました。

http://macaro-ni.jp/30586

 

尿酸は細胞が壊れたときやエネルギーの代謝時に、プリン体から生産された廃棄物です。私たちの体内では常に「尿酸」がつくられており、最後は尿とともに体外に排泄されます。

 

腎臓の機能に障害が起こって尿酸が正しく排泄されなかったり、何らかの原因で尿酸がつくられすぎたりすると、たまった尿酸が異常を引き起こしてしまいます。その代表が痛風です。

痛風とは

痛風は血中の尿酸が結晶化して、激しい痛みを起こす症状です。排泄されずに血中に残った尿酸が足の親指の付け根などの関節に蓄積すると、赤く腫れて痛みを生じます。 さらに長引くと、尿路結石ができたり腎臓の働きを悪くしたりするなどさまざまな病気の原因につながります。

尿酸値を下げる食事・食材とは

尿アルカリ化食品を積極的に

ひじき・わかめ・昆布などの海藻類 ほうれん草・ごぼう・にんじんなどの野菜類 里芋・さつまいも・ジャガイモなどのイモ類 バナナ・メロン・グレープフルーツなどの果物類

水分摂取

適正体重の維持

《尿酸値が高くなる原因》
食生活の問題 アルコールの飲み過ぎ ストレス過多 運動不足 肥満
僕はサラリーマン生活をしているときは、常に尿酸値が高く、健康診断で引っかかってました。
おそらく今よりも食生活が偏っていたし、アルコールは飲みすぎていたし、ストレスは高すぎたし、運動もしていなかったし、適正体重から10キロ以上太っていたと思います。
尿酸は細胞が壊れたり、エネルギーを消費すると出るから自然なものです。
尿で排出できればいいのですが、尿酸が多すぎると固まって石になります。
そして痛風になるのです。
改善するためには、海藻、野菜、イモ類、果物を食べる。
水は一日2リットルは飲む
適正体重を維持する。つまり痩せる。
※痩せるためには一日5分のダイエット法がおすすめです。
食事改善、水を飲む、アルコールを減らす、ストレスを減らす、痩せる、運動する。
これは全ての健康にとって言える改善点ですね。
いまがベストな人はほとんどいないと思います。
現状を把握し、改善していく。
極端にやるとぶり返しがありますから、長期スパンでやっていく。
水を飲む、アルコールを減らす、運動するなんて誰にでもできる簡単なことです。
会社などのストレス、一人暮らしの方は食事改善など難しいでしょうから、やれるところからやって、健康になっていきましょう。
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ホクロや吹き出物が表す、体調不良のサイン
「大人のADHD」増加中 成人3~4%、気づかず成長 ストレスで顕在化
「うつ病」は薬を売るための病名!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
冷えやむくみを解消してみよう
めまい、ふらつき、現代人特有の不調は“赤ちゃん回帰”で改善!
高血圧には「焼き梅干し」が効く!ついでに便秘も解消!
風邪ではないかもしれない。マイコプラズマ肺炎について。
水の飲み過ぎは危ない!「水中毒」を防ぐ、体に負担がない水分の取り方
売上高上位100薬品中16種で新たな副作用報告
スマホ、飲み会、喫煙は逆効果のストレス解消法です
“沈黙の臓器”腎臓が発するSOSは重要です
うつ病治療に効果アリのスマホアプリ
毎日実践 尿の臭いから健康状態を知ろう!
「ステージ4のがん」からの“生還者”たちが続けた8つのこと
「いびき」を軽視する人はこんなにも危ない!

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP