食べなくても太る!絶対に避けるべき「太るライフスタイル」とは?

今回のテーマは、太るライフスタイルについて考えてみるです。

ビラボの記事を参照しました。

https://www.b-lab.jp/ambassador/01097/

 

食べ過ぎていないのに、むしろ食べる量はものすごく少ないのにもかかわらず、太ってしまう魔のライフスタイルがあること、ご存知ですか?これだけは絶対に陥ってはいけない「ダイエットの落とし穴」なんです。

絶対に痩せないNGライフスタイルとは

座りっぱなしで体を動かさない生活を「セデンタリー・ライフスタイル(Sedentary Lifestyle)」といい、老化や病気のリスクを高める生活として注目されています。座りっぱなしの時間が長いと運動量が極端に少なくなり、エネル ギーが消費されにくいことはイメージしやすいですよね。

ですが、それだけではないんです。血液やリンパ液などの体液は、身体を大きく動かすことでスムーズにめぐります。ほとんど身体を動かさない生活が長時間続くと、酸素や栄養素が隅々まで行き渡らず、新陳代謝が低下。また、筋肉を使わないことで「こり」を招き、さらなるめぐりの悪化を引き起こします

 

もうこれはわかっているんです。

 

長時間座りっぱなしが健康に良くないことは(笑)

 

この間も座りっぱなしが引き起こす健康被害で、全世界で何兆円という経済損失が出ているという研究結果が報告されました。

 

長時間座りっぱなしのデスクワークの人なんかは、1時間に1回は体動かしましょう。

 

ゴムチューブでもデスクに置いとけば、目に入ったら運動という習慣をつけるといいと思います。

 

腕を上に伸ばしてストレッチも良し。トイレに行って顔洗うでもよし。さすがに散歩に行って30分帰ってこなかったら、同僚からチクられると思いますが(笑)

 

僕は自宅でのデスクワーク中心なので、ゴムチューブを目に入るところに置いています。

 

そして、胸筋ストレッチしたり、その流れで首のストレッチしたりしています。

 

ゴムチューブなんて、百均に売ってますから。すごく便利です。

 

“身体を動かす習慣”を!

とはいえ、「毎日ウォーキングをしたり、ジムに通ったり、スポーツを始めたりする時間や心の余裕はない!」という人も多いはず。大丈夫。身体を大きく動かすのに“特別な運動”は不要です。

物を取りに行くためにちょこちょこ席を立って歩く、エスカレーターではなく階段を使う、部屋の掃除をこまめにする、ストレッチやヨガなどをする、買い物には歩いていく……

毎日の生活に「身体を動かす」機会を増やす工夫を取り入れていけばOK。このようにちょっと工夫するだけで、1日の運動量をぐんと高めることができますよ。

 

 

運動することがやはり、大切ですね。

 

走ることで脳の前頭葉が鍛えられて、思考力、記憶力が上がるという話も聞いたことがあります。

 

やはり人間、動物なので、昔は走り回っていたんです。そのなごりが今もある。

 

走れば脳が活性化するんですね。

私は、最近になってジョギングをするようになりました。

2日に1回程度。しかも1キロくらいの簡単なジョギング。

 

お仕事で、そんな時間ないよ、という方は、一日5分の自宅ダイエットプログラムおすすめします。

 

運動が習慣化されます。

私が行っている自宅で簡単5分ダイエット法
詳細、やり方、メリットをブログに書いてみました。
ダイエットを始めるならこれが一番。是非読んでみてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食べて寝るだけで痩せられる!?驚きのスーパーフードとは
揚げ物を食べても全然OK!太らない揚げ物の食べ方のコツ3つ
ダイエットのためにウォーキングにプラスしたい3つのこと
ダイエットスイーツは「豆腐わらび餅」で!レンチンだけで簡単に
「水毒」を解消し、スッキリ体型を!水太りの解消の仕方
筋トレせずに代謝アップ!すぐできて、らくらく痩せられる方法2つ!
noimage
ほっそり女子が敬遠している「おデブに導く食べ物」5選
食べる「時間」と「量」にきをつけて!実はダイエットに適していた「カレー」の効能
ダイエット中でも安心! 焼肉の太らない食べ方
不摂生でも、健康増進する方法。
noimage
糖質制限しているのに、ヘルシーだと思いがちな食品
noimage
ダイエット成功の秘訣 それは「ときどきサボること」

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP