ストレスの原因、実は自分で作っているかも。溜めない方法は簡単です

今回のテーマは、ストレスを溜めない方法についてです。

CAFEGLOBEの記事を参照しました。

http://www.cafeglobe.com/2016/06/055461stress.html

 

 

私たちは、大なり小なりストレスを抱えているわけですが、そのストレスは思ったより有害なようです。

ストレスを感じることにより、不幸な気分になったり、気持ちが落ち込んだり、人間関係が損なわれることも。さらには、実際にストレスのせいで命を脅かすほど健康を害することもあるのです。

では、ストレスの原因はどんなことで、そのように対処すればいいのでしょう。

ストレスの原因になるのは「こだわり」

1.今日の自分は何にストレスを感じているか自問してみましょう。
2.自分は何に執着しているか自問してみましょう。
3.最後に、自分が執着しようとしているものは存在しないと思ってみましょう。あなたはただ水に浮いているだけです。

ライフハッカー[日本版]」より引用

何かに固執するからこそ、自分のなかに「こうでなければならない」というこだわりが生まれてしまいます。

自分のこだわり通りに物事を進めようとすると、ストレスを感じます。また、うまく思い通りに進まないことでもストレスを感じるのです。

対処法はいたって簡単。「執着すべきものなど何もない」と自覚すればいいのです。

 

私たちは、何かに固執するあまり、自分でストレスの原因となるしがらみを作っています。

そんなものに意味はないし、誰もこだわっていないと自覚すれば、有害なストレスからあっさり解放されることになるでしょう。

 

 

我々は人間だから、毎日何かしらのストレスを感じますよね。

 

 

対人関係。

 

上司との関係、同僚との関係、パートナー、子どもとの関係。街角にいる他者との関係。ネット上での関係。

 

 

人は完全に一人では生きられませんから、誰かとつながっている必要があります。

 

そうなると、対人関係のストレスというのは避けては通れません。

 

 

その他にも、自分はこうあらなければならないというイメージから外れた時のストレス。

 

人から裏切られた時のストレス。

 

なぜこんなことをしなければならないのかというストレス。

 

 

 

その他にも考えだしたらキリがありません。

 

 

 

しかし、この記事を読んで、なんだか腑に落ちた気がしました。

 

 

1.今日の自分は何にストレスを感じているか自問してみましょう。
2.自分は何に執着しているか自問してみましょう。
3.最後に、自分が執着しようとしているものは存在しないと思ってみましょう。あなたはただ水に浮いているだけです。

 

 

ただ、自分がこうあるべきだとこだわっているからストレスが生まれる。

 

 

自分が執着しているものは存在しないと思ってみる。

 

 

 

 

 

ただ、水に浮かんでいるだけ。

 

 

 

これは、僕にとって目からウロコでした。

 

 

 

 

この考え方でいけば、自分のこうありたい、こうでなければいけないというこだわりは、ふわっと消えていきます。

 

 

みなさんも是非、ストレスに対して、そういうスタンスで考えてみてください。

 

 

僕も今日から始めようと思います。

 

 

 

 

 

それでもストレスが解消しないときは、私の書いた駄文を読んでみてください。

 

ストレス解消マニュアル

 

対人関係解消マニュアル

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食物繊維で、脳卒中、成人病予防を
noimage
いま話題のお酢納豆について
痩せたければ「カロリー計算」はやめなさい!ソレ以上に大事なことがある
日常生活に○○を取り入れて、幸せ度を上げよう!
朝の時間にちょっとした喜びをプラス!生産的な1日を送りましょう!
4割は体質や体調が原因 「口臭」は健康のバロメーター
溶かして飲むだけ!「クエン酸」の疲労回復効果がすごい!!
ストレス対策に瞑想が効く!心の不調が4割低減したというデータも 
「栄養なさそう」は勘違い!? 管理栄養士が明かす「実は体にいい食品」とは?
「スマホより6分間の読書」 精神科医が薦めるリラックス術
リラックス&空気清浄効果も!観葉植物がもたらすメリット
脳は何もしなくても疲れている。マインドフルネスのやり方。
自律神経の不調は、○○をもめばOK!
あぁ、疲れたなあ。その時心と体に起こることをポジティブに変える方法

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP