冷え、不眠、肩こりは簡単に「指ヨガ」でほっこりできる

今回のテーマは、指ヨガの効果についてです。

J SPAの記事を参照しました。

http://joshi-spa.jp/520873

 

 

様々なポーズをこなしてこそヨーガ、と思いがちですが、実際のところ究極は「死体のポーズ(仰向けで横たわる)」と言われるくらい、何もしない=無我の境地、というのが真髄。

 

低体温症が問題となっている昨今、20代でも体温35度台なんてザラだとか。

 

身体が冷えると、心まで冷えるのです。気分の問題ではなく、身体があたたかい方が意欲って沸いてくるんですよね。冬場は身体にカイロを貼ったり、裏工作ができたけれど、夏場はそうはいきません。

24時間、場所を選ばず手軽にできる方法で、体温をアップさせましょう。

朝、ベッドのなかで手と指のヨガ

1.ベッドの中で身体を伸ばす

2.手をグーパーさせる

 

3.中指の第一と第二関節の間をほぐす(首こりを解消)

 

4.人差し指と薬指の付け根を揉む(肩こりを解消)

 

5.手のひらを右回りに押していく(便秘解消)

6.指を揉む

これだけで身体がほんのりと温まるはず。

 

 

ヨガって難しいイメージがあったんですよね。

 

鼻で呼吸しろだの、太陽のポーズだの。

 

 

スマホのアプリでヨガやってみたんですが、僕には合いませんでした。

 

 

 

でも、指ヨガなら毎日行えそうですね。

 

3番、4番の指を揉む動作は、指の側面をはさんで揉む感じです。

 

肩こりの人差し指の付け根と薬指の付け根が痛かったです。

 

 

相当肩が凝っていると思われます。

 

 

これなら、全身運動しなくても良いし、

 

朝起きてから、5分位でできるので、体を温めて活動的に指せるのにちょうどいいかもしれませんね。

 

 

いい健康法を見つけました。

 

 

みなさんもぜひやってみてください!!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP