朝の時間にちょっとした喜びをプラス!生産的な1日を送りましょう!

今回のテーマは朝起きて、やると良いこと。

ちょっと想像とは違いますよ(笑)

ライフハッカーの記事からです。

http://www.lifehacker.jp/2016/06/160621_morning_joy.html

 

生産的な1日を送るには、朝に何をすればいいのでしょうか?

 

その答えは、早起きではありません。コーヒーを飲むことでもなければ、瞑想や運動でもありません。それらはすべて1日の最初の数分間を楽しく過ごす ことには向いていますが、日々の習慣の成否は、人によって大きく異なるものなのです。つまり、パーフェクトな朝のための万能なレシピは存在しません。

 

朝は極めて重要です。ほかの何よりも先にやってくるので、それとどう付き合うかが重要になるのです。

 

朝早い時間にある程度の時間をつくって、普段とは違うことをすると、気分が変わります。いつもより1時間早く目覚ましをセットする必要があるかもしれませんが、それだけの価値があるのです。

1. 踊る

朝一番はニュースを消して、好きな曲をかけてみては? キッチンでのダンスパーティでも、気分が大きく変わるはずです。

2. 布団の中で学ぶ

言語の学習、哲学関係の読書、アートの勉強などは、すべて布団にくるまりながらでもできることです。

3. 汗をかく

1日の始まりに冷たいプールに入ることで、気分が目ざましく変わります。

4. 別の方法で汗をかく

明らかな喜びを得られるのに見過ごされることが多い選択肢がセックスだそう

5. 旅に出る

通勤を旅にしてしまいましょう。毎日ではなく時々、少しだけ余分に時間をかけて別のルートで通勤してみるのです。可能であれば、自転車や徒歩で通勤するのもいいかもしれません。

 

完全にアメリカ人の発想ですね(笑)

 

朝おきてからのコーヒー、瞑想全否定(笑)

 

通勤を旅になんて、電車乗ったらすぐ現実ですよね。朝おきてプールに飛び込める日本人がどれだけいるでしょうか?(笑)

 

朝起きてからすぐ勉強というのも辛そうです。

 

僕は、朝起きてから踊るという選択肢を選びたいと思います。(笑)

 

朝ランニングできたらいいんですが、ウォーキング5分で限界です。

 

朝、踊りながら、近所をウォーキングしたいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

胃腸を強くするための3つの鉄則
ストレス生活に負けないように! マスターしたい対処法4つ
幸せホルモン「セロトニン」を増やして増やして幸せ体質になろう!
「水分をたくさんとって血液をサラサラに」はウソ!? 水も摂りすぎれば「毒」になります!
じつはダイエット効果が高い!? 欧米人もマネをする日本の生活習慣4つ!
酵素力が低下を防いで、体調をよくしよう!
血行を良くして、体調を整えよう!
あぁ、疲れたなあ。その時心と体に起こることをポジティブに変える方法
リラックス&空気清浄効果も!観葉植物がもたらすメリット
二日酔いに効く!?知らなかったトマトの効能
「栄養なさそう」は勘違い!? 管理栄養士が明かす「実は体にいい食品」とは?
「スマホより6分間の読書」 精神科医が薦めるリラックス術
疲れを取るためには、1日中ゴロゴロはNG。効果的疲労回復方法とは?
日常生活に○○を取り入れて、幸せ度を上げよう!
4割は体質や体調が原因 「口臭」は健康のバロメーター

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP