「アジ」を食べると、心も身体もさらに健康になれる!!

今回のテーマはアジを食べると健康になるです。

日刊大衆の記事を参照しました。

http://taishu.jp/22848.php

 

今が旬の「鯵」は、味がよいために「アジ」という名前になったという説があります。アジはタンパク質と脂肪のバランスがよく、刺身や干物、フライ等さまざまな調理法で親しまれています。

アジなど青魚の脂には、EPAやDHAといった栄養素が多く含まれています。これは、人間の体内で作ることが出来ず、食べ物から摂取しなくてはなりません。

 

EPAには血流を改善する効果があります。血管で血液が詰まりにくくなるため、血栓のリスクを下げてくれます。また、抗炎症作用があり、 炎症の引き金となる成分の活性化を抑制する働きがあるといわれ、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギーの症状を緩和する効果が期待されています。

 

さらにEPAの抗うつ効果にも注目が集まっています。EPAは、巷で「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの働きを高めるそうです。セロトニンは 脳内の感情コントロールに関連した物質なので、分泌が少ないと精神が不安定になり、うつ病になるリスクが高まります。EPAを摂ることで症状に改善傾向が 見られたという報告があるそうです。

 

ほかにもEPAはがんリスクも低下させるそうです。がんの増殖速度を低下させたり、転移を抑えられたという実験結果があります。

 

最近は魚を食べる人が減っているみたいですね。

 

日本の食生活も欧米化し、魚から肉へ、ご飯からパンへと変わっていきましたね。

 

魚は本当に万能の食べ物だと思います。

 

日本人はお寿司大好きなので、魚の摂取に関してはそこまで神経質になる必要はないでしょう。家で魚食べなくても、外でお寿司は結構食べてますからね(笑)

 

 

僕はDHA、EPAのサプリメントをたまに飲むのですが、このサプリメントだけはおどろくほど効くんです。

頭の回転が早くなるというか、頭の中がクリアになったきがするんですね。

 

DHA、EPAは体の中では作られないので、食事で摂るしかないそうです。

 

 

血流改善作用、抗炎症作用、アレルギー緩和作用、抗うつ作用。

 

アジの持つ力はあなどれないですね。あんな小さな魚にそこまでの力があるとは。

 

 

毎日の食生活に積極的に魚を取り入れて、DHA、EPAをたくさん摂りましょう。

日本の魚文化、長寿の秘訣の気がしますね☆

これからも大切にしていきたい文化です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日常生活に○○を取り入れて、幸せ度を上げよう!
お酒やタバコに代わる気分転換の方法をマスターしよう
驚くべき健康パワー!“麦飯”が人気な理由を徹底解説
「水分をたくさんとって血液をサラサラに」はウソ!? 水も摂りすぎれば「毒」になります!
脳は何もしなくても疲れている。マインドフルネスのやり方。
ポテンシャル高し! 冷え性からガンから○○○にまで効く、生姜のパワーをさぐる
食物繊維で、脳卒中、成人病予防を
4割は体質や体調が原因 「口臭」は健康のバロメーター
じつはダイエット効果が高い!? 欧米人もマネをする日本の生活習慣4つ!
ストレスの原因、実は自分で作っているかも。溜めない方法は簡単です
疲れを取るためには、1日中ゴロゴロはNG。効果的疲労回復方法とは?
「栄養なさそう」は勘違い!? 管理栄養士が明かす「実は体にいい食品」とは?
自律神経の不調は、○○をもめばOK!
血行を良くして、体調を整えよう!
幸せホルモン「セロトニン」を増やして増やして幸せ体質になろう!

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP