売上高上位100薬品中16種で新たな副作用報告

今回のテーマは、薬には必ず副作用があるということです。

NEWAぽストセブンの記事に興味深いものがありました。

この2年間で、国内の売上高上位100薬品(2014年度決算・日刊薬業調べ)のうち、16種類の薬で新たな副作用が報告されている。厚労省が医薬品添付書の「改訂指示」を出した薬品の中から、一般になじみのある「有名薬」を紹介する。

 

今年3月、世間を驚かせた医薬品添付文書の改訂があった。対象となったのは、頭痛から歯痛まで幅広く服用され、年間約500億円を売り上げる解熱鎮痛剤の「ロキソニン」だ。

「ロキソニンは効き目がある半面、胃への負担が多く、胃潰瘍になることがあった。今回追加された副作用は、小腸や大腸に潰瘍ができて腸の管が狭くなり、内容物が詰まってしまうことで起きます」

 

インフルエンザ治療薬として知られる「タミフル」には、突然の腹痛や下血を発症する「虚血性大腸炎」という副作用がある。高熱の苦しみから解放してくれる薬だが、そのリスクがあることは把握しておく必要がある。

 

2011年にアルツハイマー型認知症の新しい治療薬として約10年ぶりに登場した「メマリー」は、認知症患者の増加とともに処方が増え、年間約368億円を売り上げる。
この薬は2015年2月に 怠感や食欲不振をもたらす「肝機能障害」や、皮膚や目が黄色く変色する「黄疸」の副作用が追加された。認知症の薬は、副作用に気付きにくいという難点がある。
「認知症が進行していると、肝機能障害や黄疸に患者本人が気付かないまま放置してしまうケースがある。患者が言葉で直接的に体の異常を訴えられず、不機嫌になったり、いままでと違ったサインを示すことがあるので、周囲が注意しておきたい」

 

ロキソニンは頭痛、生理痛などの鎮静剤として広く普及しています。

しかし、胃への負担が大きいなどの副作用もあることが報告されています。

 

インフルエンザ治療薬のタミフルにも、虚血性大腸炎という副作用。

 

アルツハイマー治療薬のめまりーには肝機能障害や黄疸の副作用。

 

とにかく世に出回っている薬には何らかの副作用があると考えていいと思います。

 

私は現在統合失調症治療の薬を飲んでいます。

抗うつ剤、抗不安剤ともに副作用があります。

眠気が出たり、判断力が鈍ったり、手の震えが出たり。

 

私は今、医者との話し合いの末、薬を完全になくす方向で治療を続けることを約束しました。

統合失調症の場合、薬を完全にやめると、3分の2の人が再発するそうです。

 

しかし、私は薬をやめる道を決断しました。

 

大好きな車の運転もできない、大好きな酒も飲めない。

そんな人生まっぴらだからです(笑)

 

とにかくみなさんには、健康がいかに大切かを、このブログを通して感じていただけたらと思います。

薬を飲むようになる前に、予防する。

 

それには食事の改善、十分な睡眠、適度な運動が必要です。

たったそれだけの話なのですが、人間は何かと理由をつけて、健全な生活を怠ります。

 

このブログを読んでいる人には、今から、薬いらずの人生を送るための準備をしていただきたいと思います。

 

そのための情報を提供していくつもりです。

 

よろしくお願いします。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ホクロや吹き出物が表す、体調不良のサイン
小学生の30%、高校生の65%が近視に! 子どもを近視にさせないためには?
水の飲み過ぎは危ない!「水中毒」を防ぐ、体に負担がない水分の取り方
うつ病治療に効果アリのスマホアプリ
急増中の大人の「食物アレルギー」を甘く見てはいけません
冷えやむくみを解消してみよう
「うつ病」は薬を売るための病名!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
高血圧には「焼き梅干し」が効く!ついでに便秘も解消!
痛風になる前に対処を!尿酸値を下げる3つのポイント
めまい、ふらつき、現代人特有の不調は“赤ちゃん回帰”で改善!
「いびき」を軽視する人はこんなにも危ない!
“沈黙の臓器”腎臓が発するSOSは重要です
予防学の権威が徹底指導「乳がん防ぐ8つの食事ルール」
毎日実践 尿の臭いから健康状態を知ろう!
「大人のADHD」増加中 成人3~4%、気づかず成長 ストレスで顕在化

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP