運動前に飲む 脂肪燃焼効果がUP! コーヒーのやせるパワーに注目

フムフムに面白い記事が載っていました。

 

http://fum2.jp/8715/

 

以前は、コーヒーは「胃に悪い」「カフェインがよくない」と言われていましたが、昨今は「体にいい」という話をよく聞くようになりました。
「ホントに体にいいの?」と思うかもしれませんが、コーヒーが健康にいいことは事実!血糖値の上昇を防ぐ、死亡率を下げる、がんを攻撃する、認知症を防 ぐ、さらには脂肪燃焼効果を促してダイエットにも効く! と、うれしい効果が世界中から報告されています。そんなコーヒーのパワーに注目してみましょう!

糖尿病、脳卒中、痛風、うつ……さまざまな症状改善に効果あり!?

1日4杯のコーヒーで痛風になりにくくなる」
「1杯のコーヒーでがんリスクが3%低下する」
「コーヒー・紅茶でMARS(肺炎や化膿性疾患の原因となる細菌)の保菌リスクが低下」
「コーヒーが脳卒中の予防につながる可能性がある」
「1日1杯のコーヒーでうつ病のリスクが8%低下」
「コーヒー摂取で子宮がんのリスクが低下する」
「コーヒーを多く飲む人ほど死亡率が低い」
「コーヒーを飲む習慣は肝硬変になるリスクを下げる」

コーヒーは、1日3杯目安で食前に飲むといい!

ーヒーの成分というと、よく知られているのが「カフェイン」。カフェインには、覚醒作用や中枢神経刺激作用があり、認知機能や集中力を高めると考えられて いますが、近年、カフェイン以外でも注目されているのが、「クロロゲン酸」という成分。クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で抗酸化作用や抗腫瘍作用な どさまざまな効能があるようです。
そして、このクロロゲン酸はインスリンの効き目をよくすることで血糖値を下げ、「糖尿病の発症を抑制する働きがあるのでは」と、考えられているそうです。
糖尿病はインスリンが作用しないことで慢性の高血糖値が続き、さまざまな合併症を引き起こす病気。糖尿病やその予備群の人はもちろん、健康な人であっても 食後に血糖値が急激に上がることはよくありません。そこで、活躍してくれるのがコーヒー。食前に飲むことで、食後の血糖値の上昇が抑えられるそう。
また、多くの免疫学的研究から「1日にコーヒーをたくさん飲む人ほど、糖尿病の発症が少ない」という結果も。ただし、カフェインの取り過ぎは睡眠の妨げになる可能性もあるので、1日に3杯くらいがおすすめのようです。

1年で48㎏減のタレントも、コーヒーがダイエット中の習慣

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸には代謝を促す効果があり、運動前に飲むと運動後のエネルギー消費量が増加するという研究結果も!

運動30分前に「ブラックコーヒー」を

 

コーヒーに 糖尿病、脳卒中、痛風、うつ 予防効果があるとは知りませんでした。

 

また、一日3杯食前に飲むこと血糖値が下がることも知りませんでした。

 

運動の前にコーヒーを飲むといいのも知りませんでした。

 

私はコーヒー大好きで、1日3杯くらい飲みます。

 

今後はコーヒーを飲むタイミングに気をつけてみたいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

揚げ物を食べても全然OK!太らない揚げ物の食べ方のコツ3つ
食べて寝るだけで痩せられる!?驚きのスーパーフードとは
食べなくても太る!絶対に避けるべき「太るライフスタイル」とは?
食べる「時間」と「量」にきをつけて!実はダイエットに適していた「カレー」の効能
本気で痩せたい人!!厳守すべき5つのルール
ダイエットスイーツは「豆腐わらび餅」で!レンチンだけで簡単に
noimage
noimage
筋トレせずに代謝アップ!すぐできて、らくらく痩せられる方法2つ!
ダイエットのためにウォーキングにプラスしたい3つのこと
ダイエット中でも安心! 焼肉の太らない食べ方
「水毒」を解消し、スッキリ体型を!水太りの解消の仕方
ほっそり女子が敬遠している「おデブに導く食べ物」5選
ダイエット成功の秘訣 それは「ときどきサボること」
不摂生でも、健康増進する方法。

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP